FC2ブログ

宮崎県日南市の観光情報ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

こころを写すこころが映る

久しぶりにブログ更新をする「やま」です。

皆さん「春ですね~」(*^^)v

花粉症の私はというと・・・この1ヶ月・・・・

鼻水ズルズル・・・目はかゆい・・・で辛い1ヶ月を過ごしました。

今日は、何を紹介するかというと

写真詞集の紹介をしようと思います(^_-)-☆

『こころが写す 心が映る』
報道カメラマンが見た南の国の人と動物たち
川床重弘写真詞集


DSC08365.jpg
ページを開くと、不思議な感覚に(*^^)
普段見慣れている日南の風景
その中には、報道カメラマン「川床さん」が感じたことが書かれていた

川床さんとは、昨年まで、UMKで報道カメラマンされていて、私達も普段からかなり
お世話になっている方の一人。
現在は、定年退職をされ「まちなか市民ギャラリー」を日南市油津に開設
市民の作品展示場として開放し、写真などを通じて県南の観光文化を発信されている。


その川床さんの初の出版となる写真詞集の一部を紹介します。

「風に倒された桜の老木 それでも春には絶やすことなく花を咲かせる 
今年も咲いた花びらにそっと顔を近づけ衰え行く幹に優しく手を置いた 
がんばろう 私も負けずに」
DSC08366.jpg


DSC08367.jpg

ポケットのくしゃくしゃの紙で折った紙飛行機をそっと突き出す
海風に向かって飛んでいく
少女の夢がいっぱい乗っていた

なんだか、優しい気持ちになり、なんだか悲しい気持ちになり、なんだか嬉しい気持ちになった。


何気なく過ごしている私達に、人の愛や温かさや夢や自然の厳しさや時代の流れなどなど
たくさんのことを感じさせてくれるような写真詞集になってます。

少女が紙飛行機を飛ばしている写真をみて、いろんなことを考えさせられた。

皆さんも、何気なく過ごすだけではなく、日々の生活の中で、何かを感じたり
何か考えたり、1日1日が無駄にならないような毎日を送るのもいいかもしれませんよー!
感じ方は人それぞれなので私の個人的な意見になります(*^_^*)



全67ページにもおよぶ写真詞集になってます。
平成24年3月24日発売 
定価1,000円(県内各書店で販売)
問合せ・発行→鉱脈社(電話0985-25-1758)
または川床重弘(携帯:090-8765-7252)
関連記事

| 未分類 | 16:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT