FC2ブログ

宮崎県日南市の観光情報ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

“し”のひとりごと2


「四半的」漬けの3日間・・2
2日目(土曜日)

この日の取材は、午前中に中島会長の道場
(中島会長は、剣道の師範で振徳館道場の館主
で多くの方々に剣道を教えている)で、中学生や
小学生が四半的をする姿を撮影。子供たちも慣れた
もので、非常にうまかった。


その後、カメラマンと私も勝負。両方ともに的はずれ
であったが、若干私の方が近かった。

その後、日南市の学芸員の長友さんに歴史的な事を
取材し、飫肥の町並みをいくつか撮影。やはり、プロの
カメラマンらしく、色々なアングルで撮影しまた、太陽の
光具合を気にしながらの撮影。非常に勉強になった。

そして、夜は各地区の練習風景を撮影。飫肥の各地区の公民館
では、保存会のメンバーが毎週焼酎を飲みながら練習している。
中島会長が「車で来ないで、タクシーで来いよ」だって。
カメラマンと2人、目を見合わせ「ギク!やばい。・・・そしてあきらめ」

一旦、戻って夜6時、ホテルのロビーで待ち合わせ。
そして、飫肥の鳥居下公民館へタクシーでGO。
「何も食べていない2人。まさか、みんな晩ご飯を食べて
来ることはないやろね?」と思いながら。
「こんばんわ、お世話になります」と入ると、目の前では地区の
方々が飲み始めていた。

テーブルを見ると、焼酎と一袋のスナック
菓子しかない。「あちゃ?。なんか食べてくればいかった」と
またまた、カメラマンと見つめあう。

早速、つがれるままに、ビールに焼酎をグイグイ。やべ?
じゃじゃ?ん。奥から猪汁が登場。(良かった)

2人とも2杯をおかわりして、空腹を満たした。飲んで、
交代で四半的をする。

1時間ほど、取材をすると、中島
会長が「次行くど」と言うので、タクシーを呼ぶ。

向かった先は、下板敷の仮屋地区の公民館ではなく、廃屋に
なった一軒家を自分たちで改造した建物。玄関には、
「いらっしゃいませ」と「四半的道場」の看板。そう、ここは、
下板敷チームの飲み方兼練習場である。

中に入ると、原の迫チームも合流していて、10人以上の方々
が赤い顔をして迎えてくれた。とりわけ、下板敷の西衛会長は
声も大きく既に、私のハイテンションの時と同しぐらいの状態。
またまた、駆けつけ三杯。

西衛会長「ここに来たら、まずは
飲んで食べて、騒いで四半的。これが、ここのルールやかい」
ということで、刺身や鍋や煮物も用意されていたので、バクバク
飲んで、食べて、ご承知のとおり、その内に私も西衛会長に
近づく勢いでしゃべる。それをカメラマンが撮影する。


しかしながら、恐るべしはこの方々。だいぶ酔っぱらっている
はずであるが、四半的はバッチリ射ぬく。何をかくそう、この
下板敷チームはここ数年の四半的の大会は優勝、優勝である。
「飲むと、緊張感がほぐれ矢の揺れも止まる」とは聞いていたが、
どんだけか!と思いたくなるほど飲んでいるが、見ごとである。
この宴会?練習が11時近くまで続くのである。

その後、また、鳥居下公民館に行ってまた飲む。ようやく、中島
会長が「明日もあるので」と腰を上げたので、ホットする。

当然ながらの展開で、このあとは、中島会長の自宅の台所に
陣取ってまた、飲み始める。夜も遅いのに上品な奥様、ムツ
さんが快く対応してくる。2人の出会いから、政治、日南市
の事など、色々な話を聞かせてもらった。
「奥様、おでんご馳走さまでした」(無理やりピースさせてごめんなさい)

夜も遅いので、ようやく会長宅をでて油津へ。非常に寒い夜だった
ので、事務所に泊まるのはやばい。身の危険を感じた私は、カメラマン
に油津の街を紹介し、一緒のホテルにチェックイン。
S山支配人。「格安料金で泊めていただいてありがとうございました」
関連記事

| “し”のひとりごと | 10:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nichinan8585.blog73.fc2.com/tb.php/382-eccd234b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT