FC2ブログ

宮崎県日南市の観光情報ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

神話「海幸彦・山幸彦」

みなさん、こんにちは。
今朝も出勤中の車内で一人カラオを満喫した‘やま’です[#IMAGE|S37#]

昨日は観光事業月例会といって、日南・北郷・南郷の観光係が集合しての
イベント等の報告会を行いました。

今回は北郷での開催だったので、『潮嶽神社』にちょっと寄り道。




この神社には、「海幸彦」が祀られています。
なぜ、山幸彦でなく
海という字のつく海幸彦が山あいにある小さな神社に祀られているのか。
それは、山幸彦との悲しい出来事が関係しています。

昔、海幸彦と山幸彦の兄弟がここ日向の国に住んでいました。

兄の海幸彦は海で魚を獲り、

弟の山幸彦は山で獣を獲って暮らしていました。

ある日、弟の山幸彦が兄に頼みごとをしました。

「兄さんの釣り針と私の弓矢を一日だけとりかえてもらえませんか?」

<このあと、山幸彦は海幸彦の釣り針を失くしてしまいます>

海幸彦は激怒し、山幸彦は釣り針を探しに行き、ワタツミの宮で3年過ごしてから
針を見つけて戻ってきます。

山幸彦は海幸彦に針を返しましたが、山幸彦は今までより魚が獲れなくなったと怒り、
山幸彦のところへ攻め込みます。

しかし、その戦いに破れ流れ着いたのがこの『潮嶽神社』と言われています。


簡単に説明するとこんな感じですが、何だか、せつないお話です・・・

10月10日よりスタートする観光特急「海幸山幸」は
この神話にちなんだものとなっています。
1両目が山幸号、2両目が海幸号、観光特急では二人仲良く並んでますね[#IMAGE|S16#]

ちなみに、日南海岸にある鵜戸神宮には、山幸彦と豊玉姫の子、
鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)が祀られています[#IMAGE|S43#]

宮崎県内、神話のルートをたどって観光めぐりするのも楽しいでしょうね[#IMAGE|S58#]

追伸:
月例会では、各エリアでのイベント等の詳細を報告し合い、
充実した報告会になりました。
その後、北郷駅に立ち寄り、先日の清掃の成果をみんなで確認。
北郷駅前にある個人宅では、ガーデニングと流木などで制作した
かっちょいいフレームやオブジェが展示してありました。
誰でも自由に見たり、入ったりできるようです。

電車を待ってる時間にちょっと立ち寄ってみてはいかがですか?












関連記事

| その他 | 15:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nichinan8585.blog73.fc2.com/tb.php/123-d6694883

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT