宮崎県日南市の観光情報ブログ

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しのひとりごと

スピリチュアルスポット 祇園神社(ぎおんじんじゃ)
 この神社は、大正12年油津に赴任された、宮崎鉄道管理所長の星野寅二氏のご尽力により、大正13年4月に完成。と記されています。
 この神社は疫病(特に腹痛など)除け、厄難除けの守護神で航海安全、商売繁盛、五穀豊穣、縁結びの神様であり、人々を海難、水難を始め諸々の災難から守る神様として広く親しまれているそうです。

 ある人から、「この神社の中にある角度から見ると、龍の頭に見える岩がある」と聞き、早速お参りをかねて行ってみました。道路に面した鳥居をくぐり、階段を下りていきます。岩をくりぬいた洞窟みたいな入口を歩いていきます。鳥居のそばの車の音や波の音などの雑音が遮断され、ひんやりとした空気を感じながら歩いていくと、小さな太鼓橋のようなものがあり、それを渡るとお参りするところです。その太鼓橋の手前か渡ったところの左端に立つと、ありました。

お?龍頭? パックリと口を開けて下を向いているように、お参りする人を出迎えています。
みなさん、分かりますか?
 そういえば、ここの看板に「本殿入口左右の神様は龍神(八岐大蛇)様と水神(水波女命)様です」と書かれてありました。

龍に出迎えられて、色々なお願いごとをしてきました。よろしくお願いします。

オススメは、日向灘から昇る朝日が差し込む朝早くがおすすめかとおもいますので、みなさんもぜひお参りしてください。
鳥居の前が海で、サーフィンスポットにもなっているので、サーファーの方々も水の神様なのでお参りしてください。

■場所が分からない方は。

宮崎方面から来られる方は、国道220号を日南方面に進み、広渡大橋を渡りすぐ左折(右手にホテルシーズンがあります)し、油津港方面へ約20、30m進むと、左手に鳥居が見えます。

日南方面(鹿児島、都城方面)から来る場合は、目印でホテルシーズンを左手に見て、広渡大橋を渡らずに手前を右折です。

それでも、分からない場合はお問い合せください。
日南市商工観光課 ?0987-31-1134







スポンサーサイト

| 歳時記編 | 10:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。